ブログトップ

サイエンスマンの本格科学メモ

scienceman.exblog.jp

現代物理、進化論、脳科学など、現代の科学についての個人的思考を中心に記録します。

心理学のすすめ

 心理学の調査や実験結果には、普段あまり意識に上らず、とても驚くべき意外なものがあります。それらの意外なものは、私たちは全く気づかないか、実際に無意識に行なっているもので、それらの心理に気づくことによって、行動や意識に変化が起きる場合があります。したがって、それらを含めて心理学を理解するのは非常に有用であると思われます。

 社会心理学のなかで最も意外で、教訓になる実験結果に、状況の力の強さと恐ろしさがあります。ミルグラムの心理実験(1963年)では、被験者がどこまで権威の指令に対して服従するか試されました。偽の教官からの命令で、偽の被験者が学習を怠ったときに、被験者は偽の電撃を加えます。偽の被験者は芝居により電撃に反応します。この実験で、なんと62.5%もの被験者が、致命的と思われるような最大パワーまでの電撃を、偽の被験者に与えてしまいました。偽の被験者が(芝居で)悲鳴を上げて苦しんでいるのにです。

 ミルグラムの実験は、その裁判がきっかけとなったナチスの官僚の名を取って、アイヒマン実験とも呼ばれます。アイヒマンは裁判で、大量殺人について自分はただ命令に従っていただけだと主張したのです。現在の私たちはとてもそんなことはできないと思うかもしれませんが、もし私たちが当時のナチスに所属していて大量殺人を命令されたら、いったいどうするでしょうか。命令は教官ではなく、ナチスそして国のトップであるヒットラーのものであり、拒否は死を意味します。残念ながらミルグラムの実験は、私たちの大多数が大量殺人を犯すかもしれないと示唆しています。
 アイヒマン実験は、現在では倫理上の問題から行なわれなくなっていますが、電撃条件を制限した実験は最近やられており(2007年)、なんとほとんど同様の結果が得られています。

 また、ジンバルドーらの模擬刑務所実験(1973年等)では、被験者(学生)が受刑者と看守に別れて、刑務所と同じ施設に入れられました。各被験者は、受刑者と看守の役割を演じていくわけですが、しだいに変化が起きていきます。受刑者は萎縮して自虐的になり、看守は厳しく攻撃的になり受刑者を乱暴に扱うようになりました。そして、ついには実験を中止せざるを得ない状態になってしまいました。状況の力はこれほどのものなのです。

 その後、テレビ中継を加えて、同様の刑務所実験が行なわれていますが(2002年、BBC)、まったく違った結果が出ていて、実験は滞りなく終了してしまいました。ジンバルドーの反論は、一つにはテレビカメラの影響ではないかというものです。ちょっとした条件の違いで結果が大きく異なる可能性があるのも、心理実験の難しいところかもしれません。

 日常的なテーマでも、心理実験が参考になることがあります。ひとりの通行人が急に苦しんだり倒れたときに、周囲の人々が全員それを無視してしまうことがあります。一般的には、最近の人々は冷たくなったと思うかもしれませんが、心理実験では違う結果が出ています。実験で異常が起きたとき、多人数でいるときに各人は他の人の振る舞いを認知します。そして他の人々が何もアクションを起こさないのを見て取ると、事態はそれほど深刻でないと解釈し、本人もアクションを起こさなくなります。それが各人に起こって、全体として誰もアクションを起こさなくなります。実験でそのような心理過程が確認できるのです。
 これは、一人でも誰かが行動を起こせば違いますし、一人で異常事態に出会った場合にも違ってきます。また、そのような心理が働くことを知っているだけでも、結果が異なってきます。

 非常に身近なことでは、私たちが感じたり考えるときに、ステレオタイプを使う傾向があり、偏った感じ方や思考をすることがままあります。男性はこうだ、女性はこうだ、外人はこうだ、というような決まった型にあてはめて感じたり考えたりします。それは半ば無意識に作用して、なかなか気づきにくいときもあります。心理学はいろいろな実験により、そのような感性や思考を明らかにしています。そして心理学の知識がある程度あると、ステレオタイプ的な考え方を変えて、さらに個別的な思考をするようにできるようです。

 そのようなことから、「心理学のすすめ」になるわけですが、具体的には高校の選択科目に「心理」をぜひ加えてもらいたいです。心理学は難しいからもっと後で、という考え方もあるでしょうが、心理学は生物や歴史と同等くらいに重要と思われます。難しい理論は必要なく、代表的な実験の解説だけでも十分でしょう。また、実験結果への批判などもある程度必要かもしれません。

 世間には通俗心理学(ポピュラー心理学)があり、まことしやかな心理学があふれています。血液型と性格の話もそのたぐいで、心理学では確立されていません。話として楽しむのはいいですが、有名大学出の会社員でさえまじめに信じているのにはあきれます。なので、通俗心理学に触れる前に心理学を理解しておくのは、非常に大切です。高校の選択科目では遅いかもしれません。内容をやさしくして義務教育の範囲でやってもいいのではないかという気がします。

ヒルガードの心理学

スーザン・ノーレン・ホークセマ / 金剛出版


社会心理学 (New Liberal Arts Selection)

池田 謙一 / 有斐閣


性格を科学する心理学のはなし―血液型性格判断に別れを告げよう

小塩真司 / 新曜社


不思議現象 なぜ信じるのか―こころの科学入門

菊池 聡 / 北大路書房


[PR]
by scienceman | 2012-10-22 17:20 | 心理学